クラフツメンスクール
CRAFTSMEN SCHOOL

コンセプト


“映像の演出”のため最初の50秒ほど音楽だけで映像が出ない場面で始まります。
5分13秒
あのころの僕は、何ももっていなかった。 もっていたのは はっきりしない モヤモヤとした夢と 大きなコンプレックスだった。 そして建設職人になった。 小さい頃から 憧れていた仕事ではなかった。 なんでなったかと言われれば… 最初から一日9千円 もらえたから。 二年続けた バーテンのバイトは 時給700円だったから ずいぶん割のいい仕事だと思った。 建設現場の先輩たちは 最初全員恐い人にみえた。 でも付き合ってみれば 面倒見の良い 良い人たちだった。 ものづくりの仕事は 充実していた。 お客さんは いつも僕たちがつくる家を 楽しみにしていた。 新築祝いに 呼ばれたときは うれしくて ついつい酔っ払った。 頑張った分だけ お金がもらえる 同級生たちより はるかに稼いだ。 いやな事も多かった。 僕たちは いつも汗臭かったし ホコリまみれだった。 夏の暑さに疲れきったし 冬の寒さに凍えた。 クレジットカードの審査で はねられた。 友だちは 職人だという理由で 結婚を反対された。 でも僕たちは この仕事に 誇りをもっている。 自分で選んだ仕事だし 僕たちがいなければ この国に良い建物は建たない。 だからこの仕事に 責任をもとうと思う。 この仕事の価値や素晴らしさを すべての人たちに わかって欲しい。 バブル以降 職人の成り手が どんどん減りました。 建設現場で働くより アルバイトをする方が 稼ぎがいいという 現実があるからです。 それでも なんとか職人になりたい という若い人が 少しだけいてくれますが いきなり現場にでて 何をどうしていいのか 解らないまま 途方にくれてしまうことも しばしばです。 親方から 釘を運んでくるように 指示されても 釘の長さが解らず 「そんなことも解んないのか」 と頭ごなしに怒られて 3ヶ月もしないうちに 辞めてしまう若い人が とても多いのです。 せめて 基本的なことだけでも 学んで知っていれば 職人になってくれた若い人が すぐに辞めてしまうといった 不本意なことは もっともっと 少なくて済みます。 バブルの時に 職人になった仲間も 20年の歳月を数え 現場には 50代60代の職人の姿が多く いまから10年を待たず 建設現場で働く職人が 絶対的に 不足するという日が まもなくやってきます。 この数年 日本の建設業は 日本の物造りは だいじょうぶなのだろうかと 思いながら 過ごしてまいりました。 それなら 職人を養成する学校を作ろう! だれも始めないから 自分がやろう! 建設業界で生きてこれたのだから 次の10年は恩返しをしよう! 気が付いたときには 走り初めていました。 来年の4月 クラフツメンスクールを開校します。 建材メーカーのみなさん 施工店のみなさん 建材商社のみなさん 設計事務所のみなさん メディアのみなさん いっしょに 建設職人を養成する学校 クラフツメンスクールを やっていきましょう。 多くの人の力をお借りしなければ クラフツメンスクールは 運営できません。 私の残りの人生を クラフツメンスクールに ささげる覚悟です。
2104年5月30日

ご挨拶

今、廻りを見渡すと建築現場の高齢化は進み、この業界は次世代を担う若い人が入りにくい職種になってしまいました。このさき、いったいどうなるのか、これは私ばかりでなく建設に携わる多くの人の共通の心配事となっています。
悩んでばかりもいられない。
長い間お世話になったこの建設業界に、もう一度活気ある若者が溢れてほしいと一念発起し、私はこのスクールを起ち上げることにしました。

「ちょっとしたこと」を「一所懸命」後押しするだけで、若者たちが自信と誇りをもってこの仕事を続けていかれると信じ、この事業に邁進していく決意です。 そしてこれこそ、建築業界全体が次世代へ技術と人材をつなぐ大きな架け橋であり、今の私たちの責任であると思っております。 強い決意で立ち上げたクラフツメンスクールですが、皆様のお力無しでは前進しません。
この思いを共感いただける方々の、お力添えを心よりお願いいたします。

代表理事 仲本 純代表理事 仲本 純

法人概要

名称

一般社団法人クラフツメンスクール
住所
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-8-11 KDX新横浜381ビル8F
設立
2014年5月**日
目的
1 建設職人養成に関する教育、研修
2 建設職人養成に関する広報活動
3 建設職人養成に関する調査及び研究
4 建設職人養成に関する諸資格、技術認定
5 建設職人の技量向上に伴う適切な雇用環境形成の普及促進活動
6 建設職人養成に関する意見の表明
7 建設職人養成に関する教材の開発及び販売
8 建設職人養成に関するコンサルティング
9 前各号に掲げる事業に附帯又は関連する事業
代表理事
仲本 純
(渉外・事務局・一般教育担当)
理事
安達 智 (専門教育担当)

野島 新人
(渉外・コンプライアンス推進担当)

藤原 彰子
(渉外・助成金導入指導担当)

松澤 忠大
(広報担当)

志水 雅和


池田 有紀


日高 圭介

監事
丸谷 博男
顧問
米山 茂

事務局
橋爪 幹幸

菊地原 末代
電話番号
045-470-3536(ガイズカンパニー株式会社 内)
FAX番号
045-470-3537(ガイズカンパニー株式会社 内)

組織

理事会
・予算委員会
・イベント委員会
・教育編成委員会
・広報委員会
・総務委員会
・事務局

支部
・東北支部
・中部東海支部
・関西支部

関連異業種部会

正会員

賛助会員

活動報告

2014年02月18日
第1回設立準備会議開催
2014年03月07日
第2回設立準備会議開催
2014年04月24日
第3回設立準備会議開催
2014年05月12日
第1回理事会開催・法人設立
2014年05月21日
第2回理事会開催
2014年05月**日
一般社団法人クラフツメンスクール法人登記
2014年05月30日
発起人大会開催
2014年06月06日
第3回理事会開催
2014年06月23日
第4回理事会開催
2014年07月04日
第5回理事会開催
2014年07月22日
第6回理事会・第1回社員総会開催
2014年08月04日
国土交通省訪問
2014年08月20日
関東異業種ミーティング
2014年08月26日
第2回社員総会・設立総会開催(新横浜)
2014年09月08日
第7回理事会開催
2014年09月22日
関東異業種ミーティング
2014年10月06日
プレセミナー開催(神奈川県綾瀬市) ~10月10日
2014年10月15日
関西支部会開催
2014年10月30日
第8回理事会開催
2014年11月28日
関西支部会開催
2014年12月15日
第9回理事会開催
2015年01月21日
関西支部会開催
2015年01月23日
第10回理事会開催
2015年02月09日
第11回理事会開催
2015年03月09日
第12回理事会開催
2015年01月21日
関西支部会開催
2015年04月04日
関東親方講座開催(新横浜)
2015年04月06日
第1期本講座開催(静岡県牧之原市) ~4月10日、4月20日~24日
2015年04月12日
関西親方プレ講座(大阪市中央区)
2015年04月13日
関西プレ講座開催(奈良県大和郡山市) ~4月15日
2015年05月07日
第13回理事会開催
2015年06月30日
第14回理事会開催
2015年07月28日
第15回理事会・年次報告会開催
2015年09月28日
第3回社員総会開催・第16回理事会開催
2016年01月14日
人材獲得セミナー開催(新横浜)
2015年11月16日
第17回理事会開催
2016年01月18日
サイディング施工管理者養成講座開催(静岡県牧之原市) ~1月22日
2016年01月27日
屋根施工管理者養成講座開催(小田原) ~1月28日
2016年01月28日
第18回理事会開催(小田原)
2016年03月09日
第19回理事会開催
2016年04月05日
第3期本講座開催(静岡県牧之原市) ~4月9日 4月11日~15日
2016年04月19日
第1回定例会開催(新横浜)
2016年05月13日
第20回理事会開催(新横浜)
2016年06月20日
第4回社員総会開催・第21回理事会開催・第2回年次報告会開催(新横浜)
2016年08月25日
第22回理事会開催(新横浜)
2016年11月28日
第23回理事会開催(新横浜)
2017年01月18日
第24回理事会開催(新横浜)
2017年03月15日
第25回理事会開催・第3回定例会開催(新横浜)
2017年05月11日
第26回理事会開催(新横浜)
2017年06月21日
第5回社員総会開催・第27回理事会開催・第3回年次報告会開催(新横浜)
このページのトップに戻る
メルマガ登録フォーム
キャンセル
}